重度の虫歯

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって何種類かのタイプがあります。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

この治療の費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

口臭対策商品の評価

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です